アルミダイカスト生産工程

アルミダイカスト事業部門

  • アルミダイカスト

    より強く、より美しく精密に。アルミダイカストの高品質化を追求し続けます。

    省エネルギー、省資源、CO2削減など、地球環境保護への意識が高まっています。自動車産業においても、燃費向上、排ガス減少を実現する軽量化ニーズはとどまることを知りません。こうした中にあって、美しさと強さ、軽さを兼ね備え、しかもリサイクルできるという利点をあわせ持ったアルミダイカストが、クローズアップされ、自動車部品のアルミ化が急速に進んでいます。

トウチュウでは、創業以来培ってきた鋳物づくりの技術を基に、アルミダイカスト製造に着手。一貫した生産体制・品質保証体制のもと、高精度・高品質のアルミダイカスト部品を生産して、自動車部品の小型化、軽量化ニーズにお応えしています。人と地球にやさしい技術、アルミダイカストの役割は今後ますます大きくなっていくでしょう。トウチュウは、さらなる技術開発、製品開発に取り組み、アルミダイカストの新たな可能性を挑戦していきます。

アルミダイカスト鋳造プロセス

アルミダイカスト鋳造プロセス

プレッシャーダイカスト(PDC)とはアルミ鋳物の金型鋳造方法のひとつで、溶かしたアルミニウムを高速・高圧で精密な金型に注入し、瞬時に製品を鋳造する技術のこと。
鋳鉄鋳物と比べて「寸法が精密」「表面が美しい」「軽量化が可能」「大量生産が可能」「複雑な形の製品もできる」などの特長を持っています。
トウチュウでは、生産ラインの随所で厳しい検査をして、高精度・高品質のアルミダイカストを提供しています。

アルミ溶解炉

アルミ溶解炉

保持炉

保持炉

800トンPDCマシン

800トンPDCマシン

→「製作実績紹介」ページを見る

PAGE TOP